ティップス

便利な小道具  マックスキャッチ社 フライライン・ワインダー

 2019年の秋、中国の MaxCatch社 のウェブサイトを見ていたら、フライライン用のラインワインダーを見つけました。価格は、定価:35USD、割引価格:29USD(2019/12/29現在)でした。29$とすれば、日本円で 3,180円ほどと、かなりお値打ちです。製品の写真を見る限り、なかなかしっかりと作られているようで、二件寄せられていたレビューも高評価でした。これはニュージーランドのブリントさんへのクリスマスプレゼントに良いかな?と思い、さっそくポチッと購入しました。何と言ってもこの会社の通販サイトは、通常便であれば日本への送料が無料なので助かります。これがいつまでも続いてくれるとまことにありがたいのですが。

MaxCatch社 ラインワインダー

MaxCatch社 ラインワインダー

 基本的な構造は、僕が昔購入した Angler's Image 社製のものと同様ですが、もっと頑健・無骨な作りで、耐久性は勝りそうです。
 主要部品はアルミ製で軽く出来ており、鋳鉄?製のクランプで机に固定して使います。4組のアームを支える円筒形の部品を動かすと、アームの径が変化し、好みの直径でラインを巻き取ることが出来ます。

 新品なのになぜか、クランプ部のネジが少し錆びていたりして、さすがは中国の会社の製品だ!?と思わされましたが、実用面では全く問題は無いのでご安心ください。(笑)
 念のためにオイルを注し、アームの交点やシャフトの摺動部には CRC を吹きつけておきました。

 ワインダーが一つあると、フライラインのメンテナンスや新品ラインのリールへの装着、ラインの保管が簡単・迅速・丁寧にできるようになります。クリスマス直前に何とかブリントさんへ届いたので安心しました。

「タケシ! こいつは便利そうだ! サンキュー!!」
と、先日の電話で喜びの声が聞けました。

 このラインワインダーは、ナイロンやフロロのモノフィラメントラインを空スプールに巻き取ることはできませんが、ループ状になら巻けるので、ルアー用ラインの収納時にも役立っています。
 フライフィッシングをされる方は、ひとつ入手しておくととても便利だと思います。

2019/12/29

ティップス   目次へ

サイトマップ

ホームへ

お問い合わせ

↑ TOP