釣行日誌 NZ編  「一期一会の旅:A Sentimental Journey」

悲惨、かつ無残

11/22(THU)-2

 ロッドを置いてすごすごとフライを草から外しに行く。キャスト位置に戻ってからディーンに鱒の位置を訊ねると、1尾目と同じくらいの距離でほぼ静止している。

『よし。あいつこそは!』

 グネグネ→ダランのキャストながら、なんとか鱒の横あたりにグレイゴーストが入った。すかさず速く大きなストリッピングを始める。フライに気づいたブラウンがゆっくり近づいてきて、一瞥すると鼻先を横に向けて転回して消えた。

「よし、ゴウ。フライ交換だ。」

 どうやら今日のここの鱒たちにはグレイゴーストが合っていないようだ。おまけに水の透明度は高く、流れの無いラグーンの潮だまりなので、鱒たちには十分にフライを観察して選り好みする余裕がある。ディーンは小さな黒いウーリーバガーに結び替えてくれた。またしても惨めなキャストではあったが、3投目でどうにかこうにか次の鱒の前方にフライが着水した。

「よし! それっボンッ、ボンッ、ボンッ!」

 ディーンのかけ声に応えつつストリーマーを引く。さっきまでとは明らかに違うアグレッシブな反応を見せて魚影が追ってくる。しかし、あと20cmのところでフライを見切ったシーランナーはプイッと向きを変えてしまう。

「うーん....今日は渋いなぁ。」

 ディーンはつぶやきながらラグーンの端まで歩いて行き、対岸へと渉り始めた。僕も急いでラインを巻き取ってフライをキーパーに掛けてから後を追う。今度は細長いラグーンの反対側から狙うことになる。光線の加減でだいぶ水中が見通せるようになり、川底の様子もよくわかった。ほとんど砂地で所々に黒い流木が沈んでいる。

「よし、今度はあそこに居るぞ。」

 彼が指さす方向には、順光で銀色の体側がくっきり見えるブラウンが悠々と泳いでいる。

『ようし、今度こそはっ!』

 手首が前後に開く悪いキャスト状態に加え、最後のプレゼンテーションに力を入れすぎるので逆にラインが伸びて行かない。2度、3度とやり直し、なんとか鱒を脅かすことなくウーリーバガーが良い位置に届いた。スッスッスッとストリップを始めると、フライに気づいた鱒が後を付いてくる。

『そこだっ!喰えっ!早くっ!』

 心中で叫びつつストリーマーを引っ張ってくると、そのブラウンはフライの後ろ30cmほどの距離を保ったまま岸辺まで付いて来て、水中から引き上げられる黒いフライを物憂げに眺めた後でフラッと向きを変えて泳ぎ去った。体側の白銀色に散った褐色の斑点が鮮やかに眼に残った。去り際に、そのシーラン・ブラウンが

『ホームページに知ったかぶりや能書きを書いていないで、もっともっと腕を磨いてから出直して来いよ....』

 とつぶやいたような気がした。(泣)

 1つ目の細長いラグーンを釣り終えて(まだ1尾も手にしていなかったが....)、北側の同じように細長く切れ込んだ次のラグーンへとさらに歩みを進めた。朝のうちはほとんど無風だったが、10時を過ぎた頃から、海の方から少し風が吹き始めた。このポイントにもあちらこちらに鱒は居て、ディーンの指示のもと、なんとか届けとキャストするのだが、ほんのわずかな向かい風のせいで、僕のキャストはさらに悲惨な状態になってしまう。ダブルホールを加えても全然飛ばない。見かねたディーンが手本を見せてくれることになった。

「いいかい、こうして手首をしっかり固めて、前後に倒しすぎず、ロッドに仕事をさせるんだ。ホールしなくても普通にキャストすればいいよ。」

『これが同じタックルか?!』

 まったくダブルホールしなくても、彼のキャストは見事に前方に勢いよく飛んでゆきしっかりとティペットの先のフライまで真っ直ぐに伸びて水面に落ちた。

「な!こんなふうさ。」

 ようし!とロッドを受け取ってキャストしてみる。しかし依然として手首は開きっぱなし、力は入れすぎ、の悪癖は直らない。

「ゴウ、こうすると良いよ。」

 ディーンは、キルウェル 9ft に付いている 5cm ほどのエクステンション・バットを、僕のシャツの袖口に差し込んでくれた。こうすると手首が開いてロッドが大きくアーチが大きくなりすぎるのを制限、矯正してくれるのだ。

『うう。いよいよ初心者みたいだ....』

 などと恥ずかしがってみても、実際に、フライキャスティングを習い始めてから15分経った人くらいのレベルでしかキャストできないのだから仕方ない。でも、この「シャツの袖メソッド」の効果は大きく、ディーンのレベルとまでは行かないが、かなりまともなキャストになった。

 大きな魚影の横に落ちる黒いウーリーバガー、それが沈むまでの数秒間のポーズ、続いてクィッ、クィッ、クィッというストリップ。

「モゾリっ!」

『来たっ!』

 ラインを強く引いて合わせたつもりだったが今度も乗らない。

『うーん。何でかなぁ....。今のもデカかったなぁ。』

「ようし、次へ行こうぜ!」

 ディーンは何事もなかったかのように次の鱒を探して歩み始める。僕がフライをフックキーパーに掛けてからグルグルと長いリーダーを巻き取っていると、ディーンが

「ゴウ、そのやり方はだな....」

 と言って、はるか20年ほども昔に彼の父上であるブリントさんと初めて釣った時に教わった、効率的な移動時のフライセットの方法を再び教えてくれた。

『おお! なんということだ! このティップスを忘れていたなんて....』

 己が技術が錆び付いてしまっていることを改めて思い知らされた。

 細長いU字型のラグーンの上流端まで来たので、対岸へ渉ろうと草地から水中へと降りる。意外と深くて太腿のあたりまで浸かる。ウェストハイのウェーダーを履いているディーンは、けっこう気軽にラフな感じでジャバジャバと渉って行く。

『あれじゃぁ鱒が逃げちゃうんじゃないかなぁ....?』

 僕は内心心配したが、あれがいつもの彼のスタイルなのだからおそらく大丈夫なのであろう。


釣行日誌NZ編   目次へ

サイトマップ

ホームへ

お問い合わせ

↑ TOP