コラム

サヨナラからが人生だ : 淀川長治氏を悼む

 大きく息を吸い込んで、淀川さんは最後のサヨナラを声に出した。最後の力を振り絞って。

 私が4歳の時に始まったテレビの映画劇場の解説を、今日まで一度も休むことなく続けられてきた淀川さんが、先日亡くなられた。享年89才であった。

 今日はその追悼特別番組として、30分の特別番組が放映された。その中では、淀川さんとチャップリンとの出会い、ハリウッドでのスター達とのインタビュー、来日した有名俳優との会談、北野武監督との対談、若者達への公演、そして、最後となった「ラストマン・スタンディング」の収録の様子などが放映された。

 最後の言葉は、

「もっと映画を見なさい」

であったと言う。

 映画を感じること、映画を愛すること、人を愛すること.....多くのことをテレビの解説や著書から教えていただいた。

 また、淀川さんの生涯を想うとき、人生の素晴らしさを実感することが出来る。

 淀川さんの年齢まで、私はまだ53年も生きることができる。

 淀川さんの渾身の一言である「サヨナラ」から、私の人生を始めよう。

1998/11/15

コラム   目次へ

サイトマップ

ホームへ

お問い合わせ

↑ TOP