私のお気に入り

自作の道具たち  フライボックスの自作

 釣具店などで市販されている材料で、好みのサイズ・形式のフライボックスを自作することができます。

自作のフライボックス写真

自作のフライボックス

写真は99年の12月、オークランドでカウワイをフライで狙ったときの中身です。

材 料:

  • 市販のルアー・フライ用小物入れ(中仕切板のない、プレーンなタイプ)
  • リップル(波形)あるいは平面のフォームマット
     フォームマットは、フライフックの保持に適度な弾力と耐久性が必要。
  • リップルタイプは釣具メーカー FLUX製、リップルフォームシート M、もしくは、パズデザイン社の波形ウレタンフォーム ZAC-919 を使用しています。平面タイプであれば、アマゾンで、「ウレタンフォーム 硬質」というキーワードで検索するといろいろな製品を探すことができます。WAKI スポンジゴム粘着付、の5mm タイプが良さそうに思います。5mmX300mmX300mm の大きさで、値段は 500円以下で買えます。

    パズデザイン</a>社の波形ウレタンフォーム

作り方:

  • 小物入れの内部寸法を測り、これに合わせてフォームをカットする。
  • フォームを、発砲スチロール用接着剤、または両面テープで固定。
  • フライボックスの落下防止用として、タコ糸(もしくは百円ショップで売っているスパイラルコードの細くて短いタイプ)と安全ピンを付け、フライベストのポケットと連結する。

 以上で完成、とても簡単に出来ます。

 このようにして作ったフライボックスの利点としては、

  • 安価である。おそらく1個、500~600円で作れます。
  • 小物入れのフタ部分と底部分と両面でフライを収納できる。
  • 軽量である。アルミ製や木製よりは軽くできます。
  • 好みのフォームを選べる。
      リップルタイプ = ドライフライ
      平面タイプ = ニンフ、ストリーマー
      両面にコンビネーションも可能。
    などです。  

 お暇なシーズンオフにはぜひ、試作してみて下さい。

1999/09
2020/03/10 加筆修正

私のお気に入り   目次へ

サイトマップ

ホームへ

お問い合わせ

↑ TOP