私のお気に入り

釣りの衣類  モンベル社 防寒フィッシングジャケット

 このモンベル社の防寒フィッシングジャケットは、僕が友人の川本君と、冬の管理釣り場通いをしていた頃に購入した製品である。おそらく1993年頃だったと思う。価格ははっきりと覚えていないが、2万円ほどではなかったか.....。

モンベル社の防寒フィッシングジャケット

モンベル社の防寒フィッシングジャケット

 渓流シーズンが終わった10月から3月頃までは、正月の二日から管理釣り場に行っていたほど入れあげていた僕の体を、しっかりと寒さから守ってくれて、大活躍していた。また、当時少しだけかじった冬場のバードウォッチングにも重宝した。

良いところ

  1. 中綿が十分入っておりとにかく暖かい。中綿の種類はわからないが、シンシュレートではなさそう。着た感じはちょっとモコモコするが、暖かいので問題なし。冬場はこれを着ればバイクで釣り場まで行く時もまったく寒さを感じることはなく、そのまま釣りを始められるのでとても便利である。
  2. 生地が丈夫で防風効果あり。耐水性は未知数だが、自分でモンベルの防水スプレーをまんべんなく吹きつけたので、それなりの撥水効果を確保できた。
  3. 釣り、特にフライフィッシングの経験豊富な方がデザインしたと思われ、便利な位置に適当な大きさのポケットがたくさんある。
    • 左右の身頃:胸に縦型、中央に内部型、下部にフラップ付きの大型、その表側にはジッパーの小型ポケットが設けられている。。左胸のポケットにはムートンのフライパッチが収納されており、取り出してから固定しておけるマジックテープも付いている。このデザインには感動した。

      左胸のポケットにはムートンのフライパッチ

      左胸のポケットにはムートンのフライパッチ
      黒色のヒモで結わえてあるのは携帯電話用の防水ケース
      上側に見える茶色の部分はコーデュロイの襟当て
    • 背面:中央にサイドジッパーの大型

      背面の大型ポケット

      背面の大型ポケット
    • 左腕の袖:小型のジッパータイプポケット。小技的なポケットだが、これが大変便利で、車やバイクを降りて釣り場に向かう際にキーを入れておくのに役立つ。右手で開閉し楽に入れられるし、出す時にもあちこちまさぐって探さなくても一発でキーの場所がわかる。ポケットがたくさん付いたベストやジャケットだと、何がどこにあるのかわからなくなる時が往々にしてあるが、重要な鍵や小物はここに入れておけば大丈夫!

      左袖の小型のジッパータイプポケット

      左袖の小型のジッパータイプポケット
    • 裏面:身頃両サイドにフラップ付きポケット、中央部に使い捨てカイロがちょうど収まる大きさのポケット有り。
  4. リバーシブル、裏地は迷彩柄となっている。バードウォッチングの時には大いに役立った。
  5. 背面首元にはしっかり、布製のループが設けられている。ちょっとしたことだが、釣り人にとっては大きなアドバンテージ。ランディングネットリトリーバーをこのループに装着できる。

    ネットリトリーバー用のループ

    ネットリトリーバー用のループ
  6. 幅広い襟元にはコーデュロイのあて布が施されており、防寒に役立っている。
  7. 身頃の下端にはドローコードがあり、締めることでウェストからの風の侵入を防いでくれる。
  8. フードはボタンで取り外し可能なので、お好みの帽子をかぶることができる。

 このジャケットの現行モデル、クリークジャケットは、2019/12現在、モンベル社のウェブサイトに載っていない。ひょっとして廃版になってしまったのだろうか?

モンベル社 クリークジャケット

モンベル社 クリークジャケット
画像はモンベル社ウェブサイトより引用

 長い間生産されてきた良いジャケットだと思うので、これからも作り続けて欲しいと願う。モンベル社は釣りに関連した良い製品をたくさん開発・販売しているが、製品が廃版となるケースが多いように思われ、そこが残念な点である。

 今年、2019年の11月から12月は、取り憑かれたように本流のニゴイとコイを追いかけていたので、この防寒フィッシングジャケットが本当に役立った。良いものは永く使えるなぁと改めて感心した。これからも大事に、ハードに使ってゆきたい。

2019/12/31

私のお気に入り   目次へ

サイトマップ

ホームへ

お問い合わせ

↑ TOP