君よ知るや南の国

ニュージーランドの自動車ナンバープレート(3)

turigu.com通信 ■  [Vol.28] 2001.9.17 より


 皆様、こんにちは。ニュージーランド北島のハミルトンからお届けします「君よ知るや南の国」です。

 ハミルトンは、綺麗だった梅の花がほとんど終わり、ほんのりふくらんだサクラのつぼみが自分たちの出番を待っています。一日ごとに日差しが力強さをましてゆく感じです。 

 今回も、ニュージーランドの自動車のナンバープレートの最終回をお届けします。

 これまでお届けした、趣味や仕事に関するナンバーのほか、自分の好きな言葉をナンバープレートにしている人もたくさんいます。

1 NICE 1 (ナイス)
 これは、単にナイスだけではスペースが空いたので、1を前後にくっつけたのでしょう。

UNEAK (ユニーク)
 unique が本来のつづりなのですが、おそらく正式な綴りはすでに登録されていたのだと思います。

CCS BUG (CCS バグ)
 バグという言葉には、虫という意味のほか、俗に、小型自動車という意味があるそうです。たしか車はフォルクスワーゲンのビートルだったような.............

4A BIG 1 (For a big one)
 大物狙いの人が乗っているようです。(笑)

ON FIRE (オン、ファイヤー)
 燃えてるぜェ ってな意味でしょうか。真っ赤なシボレーのスポーツカーについていたナンバーです。

KIS (キス)
 読んで字のごとし。KISSというプレートはすでにあったので、Sが一つなくても我慢したのでしょう。

MIRACL (ミラクル)
 うーん、洒落た言葉だなぁと思って見ていたら、ダイハツの「ミラ」という軽自動車についていました。(笑)

W0TFUN (What fun)
 愉快だなぁ! という意味です。What の代わりにWOTを当てたようで、苦労のあとがうかがえます。

STAR 2V
 これは、ついに意味がわかりませんでした。スターはいいとしても、2Vをどう読めばいいのでしょうか?

MUDGEY
 これも意味不明。なぞです。

IR0NMAN (アイアンマン)
 大学の駐車場にある新品のニュービートルに付いていたプレート。おそらく所有者の方は、トライアスロンの選手なのではないかと思われます。

LOWACE (ローエース)
 これは、ああでもないこうでもないと長いこと考え、いろいろな辞書を調べたりした結果、ついに判明しました。車がトヨタのハイエースだったのです。(笑)

 ということで、ニュージーランドの自動車のナンバープレートの話題はこれでおしまいです。

 次回からは、9月になってからかなり春めいてきたハミルトン周辺の鱒釣りの様子を次回からお届けします。ご期待下さい。


君よ知るや南の国   目次へ

サイトマップ

ホームへ

お問い合わせ

↑ TOP