ティップス

キャストの前に  ストーキング

 ストーキングとは、 stalk: 獲物に忍び寄る という意味でして、要は「抜き足、差し足、忍び足」ということです。場合によっては匍匐前進を強いられることもあります。

 フライフィッッシャーマンの天国! みたいに思われている二ユージーランドでも、かなりシビアなストーキングが要求されるようです。

 周囲に溶け込む色合いの、目立たないスタイルで、

 姿勢を低くして、

 足音、石の音、水の音を立てずに、

 無駄なフォルスキャストを我慢して、

 じわじわとキャスティングポイントまでたどりつく 

 ということでしょうか。

 もう一つ気を付けることは、大岩の乗り越え方です。盛夏の渓流釣りでは、イワナが瀬じりの岩の上流側に出来るほんのちょっとした淀みで、フラフラと餌を狙って浮いていることが多いので、ヨイショっと岩を乗り越えた瞬間に、驚いたイワナが逸走することがあります。

 こういう大岩に出くわした際には、回り道をして上流側からキャストしてみることをお勧めします。大岩でなくてもほんのちょっとした岩影にもイワナはいますよね。

 


ティップス   目次へ

サイトマップ

ホームへ

お問い合わせ

↑ TOP