釣行日誌 NZ編  「5000マイルを越えて」

ゆらめくブラウン

1997/01/16(THU)-3

 と、くじけていてもしょうがないので、倒木を跨ぎ砂利を水面に落とさないように注意して崖を高巻きしながら進む。すると、切り株を上にして横たわる巨大な倒木の数メートル上流に、大きな茶色の影がじっと身を潜めているのが見えた。

「ブ、ブ、ブリントさん。魚だ」

「静かに。うーん、どうやら食い気がありそうだ。いいかい、足音を立てず静かに下流に戻ってからあの倒木に隠れてキャストするんだ。私はここから指示するから」

 なんと、本日初のサイトフィッシングは、自分が見つけた鱒を狙うことになった。小石一つも蹴とばさないように慎重に崖を降り、枯れ枝を跨いでポジションを作る。リールから6回ラインを手繰りだし、テストのためにはるか外側の流心へと練習のキャストを2回。どうやら距離は良いようだ。

「ゴウ、鱒がまだ見えてるか?」

 じっと体を凝固させ、水面の翳りの中に魚影を探す。それらしいゆらめきが見えたような気がした。

 うまく落ちろよ!半分神頼みの1投目は50cmほど左に逸れた。静かに流しきってから細心の注意を払ってラインを引き上げ、2投目をキャスト。ふわりと落ちたロイヤルウルフが流れ始めた、と思ったらフライも魚も完全に見失っていた。

「あれぇ? どこだフライは、どこ行ったんだ?」

「ストラーイク!!!」

 ブリントの大声にわけもわからずロッドを立てると、ずっしりとした重量がロッドに載り、鱒が猛然と流心に向けて走り出す。よしっ、掛けた! そのまま外側へ走ってこちらの倒木には近づくなよっ! と祈りつつラインを手繰り寄せる。流心に出た鱒は下流へと方向を変え、途方もない圧力を掛けながらリールを鳴らし出す。ブリントが

「テンションを掛けながら魚について下流へ動け!」

 と声を掛ける。流木の枝に転ばないよう気を付けて鱒の後を追う。

「ビューティフル!ビューティフルストライク!」

 岸辺に横たわる流木を通り越して鱒は下流へと走り続ける。ブリントが駆け寄り、

「君のカメラはどこだ?写真を撮ってあげよう」

 と言う。胸のポケットを開け、Dリングに結わえたカメラを指さすと、彼は器用にカメラを抜き取った。流心に居座り無言の抵抗を続ける鱒に対し竿じりを肘に当て、ガイドの下あたりを右手で支えて堪える。ブラウンらしいくねくねと重いファイトだ。

引きをこらえる

「おーい、ゴウ! サングラスを取ってこっち向いて!」

今になってその時の写真を見ると、帽子の影で半分しか見えない私の顔は、完全にニヤケてしまっているのである。

 30mほど下流へ引きずられてからようやく鱒の勢いは弱まり、岸辺に寄せてくることが出来た。リュックを置いたブリントがネットを構えて川に立ち込む。慎重の上にも慎重に、ゆっくりと寄せた鱒を手際よくブリントがネットに納める。

「やったー!とうとう釣ったぜ!」

「おめでとう!ナイスファイト!」

 がっしりと握手を交わし、鱒を抱えてポーズをとる。ブリントがにこやかにシャッターを押す。

「よくやった。おめでとう」

「いやーあ、岸辺の倒木の中に逃げ込まれなくてラッキーでしたよ!」

「あぁ、ツイテいたね!」

 もう一度、彼の分厚い手のひらを堅く握りしめ、大きく揺さぶる。初めて大物といえるブラウンを釣り上げたのだ。ブリントがネットごと秤で計重すると、58cm、2.5kgの見事なブラウンであった。

逞しい面構えの1尾

 リュックから防水カメラを取り出し、リリースの前に写真を撮る。まるで団扇のような見事な胸ビレと、フラッシュに輝く黄金色の魚体が神々しかった。自分で見つけた鱒を釣り上げたので喜びもひとしおである。安堵の溜息が体の奥底から、川の流れへと抜けていった。


釣行日誌NZ編   目次へ

サイトマップ

ホームへ

お問い合わせ

↑ TOP