釣行日誌 NZ編  「5000マイルを越えて」

ひと口の水

1997/01/16(THU)-5

 水流がなだらかに右に曲がり、こちら岸に深場を作っているポイントに来た。岸の高場からブリントと二人で水中を伺うと、流心際の1mほどの深みで大きな魚影が右に左に憑かれたように動き回り、餌を補食しているのが見えた。際立った大きさの1尾である。

「ニンフを喰っているな。それじゃあこれでやってみよう」

 彼は、フックに銅線を巻き付けただけのシンプルなニンフを取り出し、渡してくれた。サイズは14番ほど、わりと小さめである。しかしかなり重い。

 ティペットを結んで強度を確かめ、川に立ち込む。比較的距離はあるが、投げられないほどではない。

「まだ見えているか?」

「ああ、見えているよ。ずいぶんと動き回っていますね」

「食い気たっぷりだ、きっと食いつくよ」

 さあてキャストと思ったのだが、鱒はいきなり2mほども下流へ移動し、ニンフを追い回っている。

「ちょっと待て、定位置に戻るまで待ったほうがいい」

 じっと、息をこらし、鱒がもとの場所に戻るのを待つ。

「ゴウ!もう1尾上流にいるぞ」

 そう言われても、とりあえずこの1尾である。影が再び定位した。

 キャスト!が、距離が足りない。もう一度。今度は右に逸れる。今度こそ!重いニンフが流れに着水し、続いてインジケーターが水面に浮かぶ。流れ出したインジケーターを目で追いはじめると鱒の体が大きく左に揺れ、次の瞬間、白いインジケーターが左に滑り出す。

「ストラーイク!」

 思い切ってロッドを立てると、今までよりもはるかに重い緊張感がラインにみなぎる。まるでティペットの先にボーリングの玉が結ばれ、思いきりレーンに投げ出されたかのようだ。ボーリングはストライクで終わるのだが、釣りはストライクで始まるのである。そのボーリングの玉は本流を思いきり下流に走りはじめ、ドラグを鳴らし、好きなだけラインを引き出したところで空中に舞い上がる。

「!!!」

 スーパーに並ぶ荒巻鮭をはるかにしのぐ魚体が、空中で身をくねらせた。ブラウンの細長い魚体ではなく、ブリかカンパチのように見えた。

「やったーっ、まるで映画みたいだぁっ!」

 またまたブリントが私のカメラを取り出して、写真を撮ってくれる。

「ゴウ! 落ちついて、落ちついて」

 気を抜くとすぐに竿をのされそうになるのでドラグを調整しつつ慎重に川を下る。鱒はジャンプを繰り返している。再び、ストライク直後の勢いで鱒はラインを引き出し下流へ突進してゆく。と、その先にまたしても流木が川の真ん中を塞いで沈んでいる。

「あちゃー!、最悪!!」

 流木を避けるためにロッドを傾けて鱒を寄せようとするが、まったく思うようにならない。逸走は停まったものの、本流の中で根が生えたように重くなった鱒は、じりっじりっと朽ちた流木の方へ動いていく。真昼の陽射しの下で鱒に走らされる暑さが我慢できず、ロッドを立ててこらえながら体をかがめて川の水を口元にすくう。ビッグリバーの水は冷たく、ほのかに甘かった。しかし、この水が勝利の美酒になるかどうかは私の運と腕次第である。

 しだいに流木が近づいてくるが今度の鱒はまるで寄ってくる気配が無い。とうとう次の疾走で流木の幹の向こうの淀みへと走り込んでしまった。

「切れたかっ?」

 リールを巻きつつあわてて後を追うと川底の石に滑り胸まで水に浸かってしまう。

「うわっ!」

 ウェーダーから水が入る直前でなんとか立ち上がり、流木の幹までたどり着くとまだ衰えぬ圧力が再びロッドを軋ませている。

「ブリントさーん!まだはずれてないよっ He is still on!」

 と叫ぶ。彼はすでに鱒が逃げてしまったものと思ったらしく、あわててネットの準備をし始める。

 流木の先を通り過ぎ、中州の浅瀬に白いインジケーターが近づいてきた。しかし、インジケーターの先のあと1.5mが寄せられないのである。流れの中の鱒は信じられないほどの堅固さで自分の魚体を固定させている。根が生えたようだ。巻けるだけラインを巻き取り、じりじりと後ずさりをして寄せることにする。ブリントがネットを構えて近づいてきた。しかしネットが近寄った瞬間、人の姿を見た鱒は最後の力で流心へと逃げこんでゆく。

「うーん、大きいな。焦らずにいこう」

 何分のファイトが続いたのか、頭が朦朧としてくる。背中が出るほどの浅場にまで寄ってきた鱒は、けた違いの大きさである。二度、三度とネットを嫌って走りだし、そのたびにラインを引き出している。キャスティングはなんとかましになったものの、こうした取り込みの呼吸がガイドとぴったり合うまでにはいささか場数が足りないのである。

「それじゃあ、いいか!」

 ネットを沈めながらブリントが差し出したそのフレームに魚体が触れ、その瞬間、ティペットが切れた。空しく宙を飛んで自分に向かってくるラインを見たとたん、それまでのすべてが崩れ落ち、悔しさのあまり仰向けに倒れ込んだ。

「あぁーっ! なんてこったーっ!」

「おーっ、すまない!今のは私の失敗だ!」

 ブリントが駆け寄って、私の手をとって起こしてくれる。

「よくやった、ゴウ!」

「これだけのファイトの後にこれかぁ.....」

 フックのすぐ上から、3Xのティペットはぷっつり切れていた。長時間のファイトや石や流木でこすれてしまったのだろう。

「大きかったわ、今のは」

「また、次があるさ。あの場所にもう1尾いるよ」

気合いを入れ直し、もう一度銅線ニンフを結び、増水のため青く染まった流れに立ち込む。


釣行日誌NZ編   目次へ

サイトマップ

ホームへ

お問い合わせ

↑ TOP