コラム

NZFFA(ニュージーランド淡水釣り人連盟)のアンケート

ニュージーランド淡水釣り人連盟(New Zealand Federation of Freshwater Anglers TARGET="_blank")から、釣り人に対して行われているアンケートの内容を紹介します。このアンケートの配布・集計は、毎年一回、各地の釣りクラブを通じて実施されています。

 各質問は、程度の大小について、

6段階(5、4、3、2、1、0、及び、わかならい)

で答えるようになっています。

質問事項

○あなたが普段行く釣り場はどこですか?

 (市、町、河川、もしくは地域)

Q1  普段行く釣り場において、釣りの質の低下が認められますか? また、

  a 源流域の釣り場

  b 知名度の高い釣り場

  c 低地(lowland)

             の釣り場 においてはどうですか?

Q2  普段行く釣り場で、魚を釣り上げることが困難ですか?

Q3  普段行く釣り場で、魚の数が減少しているとみなしますか?

Q4a 10ポンド(約4.5kg)以上のトロフィーフィッシュが減少しているとみなしますか?

  b 5ポンド以上の大きな魚が減少しているとみなしますか?

Q5  普段行く釣り場で、釣り人の数が多すぎますか?

Q6  遊漁券購入者として、釣れる魚の大きさの低下

    という問題と取り組むために、以下のどの方法

    なら受け入れることができますか?

  a サイズリミットの導入

    (例:50cm以上の魚はリリースする)

  b キャッチリミットの導入

    (持ち帰って良い尾数制限の強化)

  c キャッチアンドリリースのみの河川とする

  d 釣り場における人工放流の実施

  e 一定期間の全面的な禁漁の実施

  f 抽選による釣り人アクセスの制限

  g 特定の河川における Walk-in only 釣り場の実施

    (徒歩によるアクセスのみを許可し、

     ヘリ・飛行機によるアクセスを禁止する)

  h 観光客/旅行者専用のライセンスの導入

Q7  現在、淡水の釣り場に関しての調査研究費が不足しています。

  a 調査研究費の確保のためだけに、ライセンスの値上げを

    容認できますか?

  b どの程度のライセンス価格値上げなら容認できますか?

    (例: 20%、10%、5%、0%など)

Q8  あなたの淡水での釣り歴はどのくらいですか?

    20年上、10年、5年、2年、1年以上、その他


コラム   目次へ

サイトマップ

ホームへ

お問い合わせ

↑ TOP