コラム

「釣りにゃんだろう」さんのブログを読んで

「釣りにゃんだろう」さんのブログに巡り会ったのはもう2年ほど前だったでしょうか? きっかけは、「フライフィッシング+業界ウラ話」などというキーワードでネットを検索した時に結果に現れたのでした。とても面白い記事だったので、すぐにのめり込み、2週間ほどで全記事を読破した覚えがあります。

 にゃんだろうさんのブログの優れた点は、何といってもその着眼点のユニークさ、新しさ、他のウェブサイトやブログとは一線も二線も画した特色、独自色にあるでしょう。

 釣り具メーカーや出版社、インターネットというメディアから私たちに向けて怒濤のように放出される情報を記事にして、そのまま垂れ流しているサイトやブログが実にたくさんありますが、それらとは全く違う意見が実に堂々と述べられているのです。

 たとえば、釣り業界のおかしな風習や、拝金主義、センスの無さ、そして私たち釣り人のバカさ加減をもをズバズバと批判しています。

「バカと子供のためのリール。ステラ、イグジスト。」
「ベストやライフジャケットの背中に、名前を入れる必要があるのか。」
 などなど、刺激的なタイトルの記事が数多くあります。

 現代日本の商業主義的な釣りはつまらない。というのがにゃんだろうさんの意見ですが、これにはまったく同感です。1970年代頃からでしょうか、日本の釣りブームが爆発的に広がっていくと同時に、釣り具メーカー、出版社、テレビ局などがスクラムを組んで、それまでは比較的地味な趣味であった釣りの世界に商業主義のかたまりをぶち込んできました。

 もちろん、現代のアメリカでもそういう傾向は大いにあると感じられますが、日本ほどではないと思います。たとえば、やはり2年ほど前、話題の「ヨーロピアンスタイルニンフィング」に熱くなって乗せられて、専用のフライロッドを探すためにアメリカのウェブサイトをいろいろと見て回ったのですが、あるタックルショップでは、1ダースほどのロッドをとりあげ、アクションから仕上げ、価格、コストパフォーマンス、生産国まで綿密にしかも明確に調べ上げて、実に信頼度の高い中立的な記事を書いていました。

 にゃんだろうさんのブログには、「~のか?」 という疑問符付きで綴られた記事がたくさんあります。それらの中では、シニカルではありますが、ユーモアたっぷりの文章で、日本の釣り業界のおかしな点、ユーザーの勘違いなどが容赦なく批評されているのです。

 また、賢いユーザー、アングラーとしての視点、経験談が豊富であり、学ぶところが実に多いです。
 にゃんだろうさん曰わく、

「考えてみれば、深くまで立ち込まなければ釣れない状況というものはあまりなく、せいぜい膝くらいまでしか水に浸かっていない時の方が魚はよく釣れる気がします。
どんな釣りでも、出来る限り水の中には入らないほうが、魚を警戒させずに釣り易くなるものなのではないでしょうか。」

「昔はヒップブーツがよく使われていたのは何故か。ウェーディングの必要性。」より。

「今時のリールに、これだけ人を魅了したり、その後の趣味嗜好を決めてしまうほどの影響力のあるデザインのものが、はたしてあるのでしょうか? 昔の釣り具を作る人達は、本当にセンスがあったのだなぁと、思わずにはいられません。」

「ミッチェルとの出会い。」より。

「釣りの本を読む側にも書く側にも、まともに日本語を理解したり書くことのできる人間が、あまり居なくなってしまったのかもしれません。」

「フライキャスティングの教本に見る、釣り人の低レベル化。」より。

「しかし、そういった日頃から実用的な情報ばかり収集し、釣果と単純な喜びばかり追い求めているような釣り人にこそ、この本は読んでもらいたいものです。

釣りには、もっと奥深い心の世界があり、釣りを続けて様々な経験を重ねることは、まさに人生そのものだと、この本は気づかせてくれるはずです。」

『忠さんのスプーン人生』より。この記事を読んで、すぐにこの本を買って読みました。それ以外にも記事に影響されて何冊も古本を購入したり、あるいは蔵書を読み直したものです。

 にゃんだろうさんのブログでは、次々と新製品を取り上げるなんてことはされていれないのですが、ご自身で使ってみて、実際に信頼の置ける製品、書籍の感想とレビューが書かれているので、とても参考になります。

 たとえば、中国製のMaxCatch のロッド、最近のアブのカーディナル、各種オールドタックル、などなど。MaxCatch 社のロッドに関する記事を読んで、僕も少ない予算の中から、新たにニゴイ釣りに挑むための8番ロッドをこの会社から購入して、その出来の良さに感心させられたものです。

 このブログの特徴は、オールドタックル・古い釣具から、最近の釣りの世界の話題まで、アンテナが敏感で広いことです。それぞれの記事には確固とした、筋の通ったポリシーがあり、読者に媚びてはいません。その潔さには実に爽快な印象があります。

 同時に、メーカーや業界の太鼓持ちでもなく、唯我独尊、独立独歩の記事を書かれています。読んでいて、胸がスカッと晴れ、よくぞここまで書いてくれましたっ! と叫びたくなることが毎晩のようにあります。

 一方、それぞれの記事をさらに印象づけ、説得力を増しているのが、使用している写真の美しさです。おそらくはモンゴルの風景でしょうか、ブログのトップページの写真がとても素晴らしいです。

 さらにそれぞれの記事の内容にピタリとマッチしている写真が使われており、写っている魚がとても大きくて綺麗なので記事に説得力があります。小生のサイトのように、一方的に能書きを延々と書き連ねることはないのです。にゃんだろうさんは、撮影技術にも優れておられるのが1枚1枚の写真から伝わってきます。

 とある記事の中に、朽ちて苔むした倒木の美しい写真が使われていましたが、『ああ、これが開高健のエッセイに出ていた ”ナースログ” なのだなぁ』と感慨深いものがありました。

 ナースログとは、倒木のことで、朽ち果てた後に、付近の樹木の苗木に生態学的な便宜を提供します。広義の定義としては、他の植物に日陰やサポートを提供することも含まれます。ナースログが苗木に提供する利点としては、水、コケの厚さ、葉くず、菌根菌、防疫、養分、日光などが挙げられます。土壌病原体に関する最近の研究では、ある森林群落では、特定の樹種に敵対する病原体がその樹種の近くに集まってきて、苗木の成長をある程度阻害していることが示唆されています。 そのため、ナースログはこれらの病原体からある程度の保護を提供し、苗木の生存率を高めることができるのです。

ウィキペディア英語版より、https://www.deepl.com/ を参考に翻訳。

 そして、チラッと移っているフライ、ルアー、自作のフックなどに、並々ならぬ経験と工夫が感じられて、こちらも勉強になります。

 さらに驚かされるのは、実にマメな更新、ほぼ毎日新しい記事がアップされることです。これは本当に驚異的な持続力とネタ収集能力であり、本当に感心させられます。加えて、次々と飛び出すネタが毎回毎回面白いのが凄いなぁ!とうなだれてしまいます。

「釣りにゃんだろう」さんのブログは、次のようにカテゴリー分けされているようです。(2021/01現在)

  • 工夫
  • 釣り
  • エッセイ
  • トラウト
  • ここが変だよ日本のフライフィッシング
  • ルアー
  • オールドタックル
  • イトウ
  • 北海道
  • モンゴル
  • アニメ

 オールドタックルに関しては、

”私は、基本的に「釣り具は古いほどかっこ良い」という、かなり偏向的な思想を持って釣りをしています。”
”ミッチェルのリールに出会ったから”

 という趣旨のことが書かれていて、ミッチェルが大好きな私には、とても共感できます。

 さらに、情緒あるエッセイが小さな宝石のように埋め込まれています。

「それ、もっと早く聞こうよ事件。 ~Bridge over Troubled Water~」

 この記事からスタートする一連のモンゴルのタイメン(大魚:イトウの仲間)釣行記では、現地の方との交流、同じアジア系の人間として、まかないのおばさんたちに親近感を持たれて、片言の会話をした、というエピソードがあります。

 また、

「風とラパラ」

 というエッセイでは、久しぶりにチャレンジしたスズキ釣りの光景と、当時の女友達とのちょっと甘くて切ない想い出が、実に味のある文章で綴られており、忘れられない記事になっています。これまでいろいろな釣り文学を読みましたが、珠玉の一編と言って良いかと思われます。

 さて、一転して実用面で大いに参考になるのが「工夫」とタグ付けされた記事の数々です。100円ショップのアイテム活用の記事をいくつか読んで以来、僕の百円ショップ巡りが始まりました。(笑)
 片道徒歩15分の通勤経路上に2つも百円ショップがあるので、ついつい覗いてしまい、気が付くと1,000円以上も釣りに使えそうな小物や、タイイングの素材なんかを買い込んでしまいます。(泣)

 そして、真骨頂と言えるのが、

「ここが変だよ日本のフライフィッシング」

 というタグが付けられた記事の数々です。

 昔、開高健さんは、

”ゴルフは英国で発祥し、アメリカに渡って悪くなり、日本にたどり着いて最悪となった。”

という趣旨のことをエッセイに書いていましたが、日本のフライフィッシングについても同様のことが言えるのでは? と思います。

 イギリスからアメリカに渡ったフライフィッシングは技術面でもタックル面でも非常な発展を遂げたようですが、日本ではおかしな特権階級意識をそのまま引きずってきたり、ドライフライ至上主義やインジケーターを用いたニンフの釣りを無視したり、いびつな師弟関係が流行したりする、おかしな点が多く見られます。

 もっとも、ドライフライ至上主義者とニンフフィッシングの開拓者との間の論争などは、大昔のイギリスでもありましたし、アーネスト・ヘミングウェイの息子、ジャック・ヘミングウェイのエッセイにも、アメリカの釣具業界がいかに高額なフライフィッシングタックルを売りつけようとしているのかが述べられていますが.....。

 それにしても、日本のフライフィッシングは、「最悪になった」とまでは言い切れませんが、何かこう、たこつぼに入って、ガラパゴス携帯電話のようになってしまったように感じられます。

 最後に、「釣りにゃんだろう」さんのブログには、北海道やモンゴルの釣りに関する実に詳しい情報が溢れています。これらの地域への釣行を考えている方は、ぜひお読み下さい!

 このコラムでは、ブログの各記事への直接リンクは貼っておりませんので、当該タイトル(本文中の青字表記)の記事を読みたい方は、

記事のタイトル あるいは キーワード
その後にスペースを入れて、
site:https://www.nyandaro.com/
と続けて入力してから検索すると、すぐにヒットすると思います。

 私なりの感想を何とかお便りに書いてにゃんだろうさんに届けたいのですが、ツイッターにコメントを書くのが精一杯なのでした。

2021/02/07

コラム   目次へ

サイトマップ

ホームへ

お問い合わせ

↑ TOP